〜まろのひとりごと〜 9/27




昨年の9月まで発刊していた広告メルマガがあるんですが、

ちょっと違った形で復活させることが決定です。



  WEB広告 コンサルティング メールマガジン

              「京のかわらばん 2nd」





今回は、広告という形ではなく

読者からの情報提供ということで

すべて無料で掲載していきます。




ただし、1回のメルマガに

たくさんの情報を紹介することはしません。



せいぜい1〜2の情報になります。



私が全部読んで、これは!?

と思う情報を厳選して掲載します。





掲載はすべて無料です。






メインページは引き続きこちらです。

 ⇒ http://kawaraban.ekyoto.org




今回新たに、ご当地ブログにて

バックナンバーを更新していきます。

 ⇒ http://ekyoto.kyo2.jp/




メルマガ広告の無料投稿の受付も

メインページからできます。

 ⇒ http://kawaraban.ekyoto.org


よろしくお願いいたします。



| 日記

ガッツリ売るには?



まろ です。 いつもありがとうございます。




ものを売るには、

ガッツリ売るには ^^;

時間との戦いにも勝ちましょう!








■売れる時期に「売れるもの」を大ブレイクさせるには、




売れるものを作るのなら

売れる時期にマーケットに出さないと意味がありません。



時間に負けないように準備が必要です。







例えば、一昨年流行った「ブルブル」という運動機械がありました。



振動板の上に10分間乗るだけでトレーニングになるとか、

ダイエットできるとかいって、ワンコイン・フィットネスと言われた"あれ"です。

これ↓
 http://ekyoto.org/joho/sub002.html




私は、この機械がニュースで取り上げられたとき、

すでに中国で大量生産をはじめているメーカーを知っていました。





知っているだけではなく、

それを日本へ輸入して独占販売している会社と繋がっていました。





上記のページの製品ではなかったのですが

何がおこるかわかりますよね。






私に"ブルブル"のことを問い合わせてきた人や、

この機械での商売の話を持ちかけてきた人に

電話だけで販売できたのです。




一番面白かったのはまとめて20台!




私から"ブルブル"を20台買った人は、

「ワンコイン・フィットネス」のフランチャイズを展開しようと、

会社を設立して頑張っていました。




しかし、製造を依頼している相手が海外、

ましてや中国でしたので、

思うように機械が出来上がらず、

自社製品の完成が待ちきれずに、

安く買えるルートを探していたのです。




最初、彼から私への電話は

「フランチャイズの仕事をしないか?」でした。

私「稼げる?」

彼「ごっつ! 話聞く?」

私「オッケー!明日の10時に京都駅で。」





私は、ピンと来た時の行動や早いほうです。





翌日、詳しく話を聞いてみると、

まだ、見切り発車の状態で

機械が手元に無いと。

中国で作らせているんだが

なかなか大変だと。。。




この時点で、フランチャイズの話は

私の中ではペンディング。

でも彼に「機械が手に入るよ」と

次の瞬間には話していました。




契約成立。




私のルートが他より安い上に、

確実に期限内に数が揃えられました。



あの頃はまさに機械の取り合いでしたから。

 http://ekyoto.org/joho/sub002.html

この製品のように安くなかったので、

この20台の契約で約50万円の利益がありました。

(^0_0^)




そんなルートを持ちながら、

私は電話だけで気楽に販売するだけにしていました。




その当時は、雨後の筍のように

ワンコイン・フィットネスが街中に溢れていましたが、

私にはタイミングを逃した事業としかみえなかったのです。




ワンコイン・フィットネス事業を

一緒にやろうという誘いなどが

毎日のように電話やメールで来ていましたが、

「時すでに遅し」

と感じていましたので、

どの話しにも乗りませんでした。




逆に、知り合いが立ち上げたフランチャイズの

ワンコイン・フィットネスのお店に、

お客として通っていました ^o^




結構女性のお客が多くて、楽しかったですよ!

すごい格好でみんなぶるぶるしてましたから。




15時前後などは待ち時間もなく、

毎日のようにぶるぶるやってました。






しかし、4ヶ月も過ぎた頃仕事も忙しくなって

ぱったりと行かなくなってしまいました。



そして、半年が過ぎる頃、

そのワンコイン・フィットネスのお店の前を通りかかると

すでに看板がなくなっていました ^^;



流行物というのは、サイクルが早いので

参入時期と撤退時期を見極めないと

大損します。



その後、彼とは連絡を取っていませんが

彼が利益を出して撤退していることを

心から願っています。






〜まろのひとりごと〜 9/21




昨年の9月まで発刊していた広告メルマガがあるんですが、

ちょっと違った形で復活させることが決定です。



  WEB広告 コンサルティング メールマガジン

                       「京のかわらばん 2nd」



メインページは引き続きこちらです。

 ⇒ http://kawaraban.ekyoto.org



今回新たに、ご当地ブログにてバックナンバーを

更新していきます。

 ⇒ http://ekyoto.kyo2.jp/



メルマガ広告の無料投稿の受付も

メインページからできます。

 ⇒ http://kawaraban.ekyoto.org



よろしくお願いいたします。



| 日記

やはり、売れるものを作りたいです。



■『売れる』という確信でものをつくるということ。



前回のメルマガでは、



『ターゲットとする顧客にいますぐ「欲しい!」と思わせる、

 簡単な究極のマーケティング方法がある』



と、いうところで引っ張ってしまいました。






至極かんたんなことなんです。



少し考えれば誰でも「何だ、そうか」

と理解できます。



その答えのあっけなさに

拍子抜けするかもしれません。



商品を作る立場にいる方々には

そんなことを言うと怒られるかもしれません。



なぜなら、

「そんなことが容易に出来れば苦労はない」

からです。






それは、





現在、「売れているもの」が「売れるもの」です。
   




拍子抜けしましたか?



 『当たり前じゃないか!』




なんて怒らないでくださいね ^^;






実は、その「売れているもの」を

さらに「売れるもの」として商品化するのは

相当に大変なことなんです。








■「売れる時期」



「売れているもの」をリサーチし、

さらに「売れるもの」を作って売る。




言葉にすれば簡単ですが、かなり難しいことです。






例えば、こんな風に考えてみてください。



あなたは、商品製造会社の社長です。

ある「売れているもの」に目をつけ、

「売れるもの」を開発することにしました。



リサーチし、開発から完成、

そして量産して売り出すまでに

約6ヶ月かかったとしましょう。



しかし、そのときには

すでにブームが下火になってきていて

「売れていたもの」が

さほど売れなくなっていたらどうしますか?




「売れるもの」として期待して作ったものが

いつのまにか

「売れないもの」に変身してしまっているんです。




あなたには、期待した売上どころか

商品在庫と開発費用などの

経費負担が重くのしかかります。





「売れているもの」を商品化して

「売れるもの」として売り出すには

[時間]という

見えない相手との競争があります。




ここで[時間]に負けると、

取り返しのつかない「敗北」となります。




しかし、その逆に、

「売れているもの」が売れている時期に
         
あなたが打ち出した「売れるもの」が

大ブレイクしてしまったらどうなりますか?




商品が足らなくなり、

追加生産に追いまくられ

うれしい悲鳴を上げることになるでしょう。




「売れているもの」の商品をリサーチし

「売れるもの」を開発するときには

時間という見えない相手との

非常に厄介な戦いがあります。




売れる時期に「売れるもの」を

大ブレイクさせるには、

実は「起爆剤」となるような

<仕掛け>をする必要があるのです。












現在の私の本業は、

ある業種の「商品開発」をしています。



キーワードは「和」です。



そのまろが、



1)携帯さえ持っていれば、堅実に稼げる情報

2)優良な出会い系サイトを上手に無料で利用する情報



これらをマニュアル化しようと思っているのですが、

モニターになりたい方はいませんか?




下記のアンケートにお答えいただきますと、

すてきなプレゼントが"もれなく"もらえます。

また、モニターの優先登録になります。


アンケートページへ
 ↓ ↓ ↓
 http://www.formpro.jp/form.php?fid=36519







1)携帯さえ持っていれば、堅実に稼げる情報

2)優良な出会い系サイトを上手に無料で利用する情報



このマニュアルの完成はまだ少し先ですが、

先着10名の方に無料モニターをお願いするつもりです。


モニター登録ページへ
 ↓ ↓ ↓
 http://www.formpro.jp/form.php?fid=36519



〜まろのひとりごと〜 9/18



昨年の9月まで発刊していた広告メルマガがあるんですが、

ちょっと違った形で復活させる準備中です。



  WEB広告 コンサルティング メールマガジン

                       「京のかわらばん」



今回新たに、ご当地ブログにてバックナンバーを

更新していきます。

 ⇒ http://ekyoto.kyo2.jp/



メインページは引き続きこちらです。

 ⇒ http://kawaraban.ekyoto.org



メルマガ広告の無料投稿の受付も

上記のメインぺーじからできます。




よろしくお願いいたします。

| 日記

具体的にどうやればいいのか?


■マーケティングとリサーチでものをつくるということ。



売れる「商品」を産み出すために準備する必要があります。




顧客満足を第一に考え、

回りの意見を聞きつくす。




作って売り出せば『売れる』という確信の産物を作る。




これにはかなりの「時間」が必要であり、

「お金」も相当必要になります。




しかし、ターゲットとする顧客にいますぐ「欲しい!」と思わせる、

簡単な究極のマーケティング方法があるのをご存知でしょうか?








現在の私の本業は、

ある業種の「商品開発」をしています。




どんな物をどのように作っているのかは、

追々わかってくると思いますので、

わざわざ公言いたしませんが、

かなりのハイペースで売れ筋商品を作りこんでいます。




そのまろが、



1)携帯さえ持っていれば、堅実に稼げる情報

2)優良な出会い系サイトを上手に無料で利用する情報



これらをマニュアル化しようと思っているのですが、

モニターになりたい方はいませんか?




下記のアンケートにお答えいただきますと、

すてきなプレゼントが"もれなく"もらえます。

また、モニターの優先登録になります。


アンケートページへ
 ↓ ↓ ↓
 http://www.formpro.jp/form.php?fid=36519







1)携帯さえ持っていれば、堅実に稼げる情報

2)優良な出会い系サイトを上手に無料で利用する情報



このマニュアルの完成はまだ少し先ですが、

先着10名の方に無料モニターをお願いするつもりです。


〜まろのひとりごと〜 9/11

今回の、「耳寄り情報」をどのように判断されますか?



・まずは、どんな情報か自分で確かめる。

 実は、多くの人が陥る間違いの一つですが、

 自分のこれまでの経験や風評だけで

 確認作業もせずに駄目だと決め付けてしまう。

 個人事業での一番のマイナス点です。



・緊急性があるのかないのか判断する。

 時間が関係するものが、取り返しのつかないものが多いのです。

 まずは、緊急性があるのかないのか、情報を取って確かめます。



・重要性があるのかないのか判断する。

 自分にとって重要な案件かどうか。

 とりあえずでもGETしておくべき情報なのかどうか。

 後々後悔しないと思うのなら、見合わせるべきでしょう。



・そして、合法か、非合法か見極める。

 これは、インターネットの情報だけではなく、

 口コミでの情報でも同じように考えなくてはなりません。



・利益になるか不利益か判断する。

 この情報を自分が捉えることで利益が生まれるのか。

 結局、後から支払いが生じてしまい、マイナスの利益になるのか。

 最近、無料配布のDVDやe-bookの情報販売には、

 1週間無料で使用できるが、その後決済されてしまうという仕組みも

 往々にしてあるので気をつけましょう。



今回の「サブライムストア」の登録というオファーは、

その後、利用してもしなくても、私に不利益は発生しません。

とりあえず、3000円をGETできる権利だけでも

取っておく価値がある情報だと思いましたのでお知らせいたしました。


みなさんはどのように判断されますか?




とりあえず、9月17日まで

こちら⇒ http://joho.ekyoto.org/sub001.html

3000円もらえるみたいです。

| 日記

9月17日までの限定情報です・・・


今回は、耳寄り情報があります。




とりあえず、9月17日まで

こちら⇒ http://joho.ekyoto.org/sub001.html




「サブライムストア」



このアフィリエイトセンターが

“とんでもないキャンペーン”を始めたのです。




“とんでもないキャンペーン”とは何か?




それは、登録するだけで

もれなく3,000円のコミッションが

もらえるというものです。



アフィリエイトセンターに登録するだけで、

貰えるなんて...



驚きを隠せません!



ただ、この“とんでもないオファー”は、

当然ですが、期間限定。




今すぐ登録して、3,000円を

手に入れてください!



こちら⇒ http://joho.ekyoto.org/sub001.html


| 情報

〜まろのひとりごと〜 9/7

〜まろのひとりごと〜



1)携帯さえ持っていれば、堅実に稼げる情報


2)優良な出会い系サイトを上手に無料で利用する情報



どちらに興味があるでしょうか?



1)はビジネス系の情報になりますし

2)は恋愛系の情報になりますね。



下記のアンケートにお答えいただきますと、

すてきなプレゼントが"もれなく"もらえます。


アンケートはこちら
  ↓

 http://www.formpro.jp/form.php?fid=36519


| 日記

何でも作ればいいってもんじゃないんです。



商品開発の「物創り」


何でも作ればいいってもんじゃないんです。




■「物創り」には二通りある



自分の欲求で作る物と

何かの目的があって作る物

この違いわかります?




うちの子供が「ガンプラ」を作ってる。

かっこいい!
欲しい!
だから作る。

接着剤で手がガビガビになりながら

デカール(転写シール)を破りながら

作る。

楽しい。



これは前者で、作りたいという欲求があるから作る。

これはただの「工作」。





マニアのBくんが「ガンプラ」を作る。

手の汚れに気を使い、

パーツを無くさないように小箱に入れて

艶が出るまでラッカーを塗り重ねる。

あと3日間で仕上げる予定。


これは後者の「物創り」


Bくんには、何かの目的と目標がある。

誰よりもきれいに、格好よく仕上げなければならない。



そしてある日、書店で雑誌を眺めてニヤつくBくんがいる。

そのホビー雑誌には

Bくんが作っていた「ガンプラ」が載っている。

賞を獲得し、取材をうけ、次回作を期待され、

オリジナルのモデリングの依頼まで来た。



物つくりには、趣味程度の自己満足でいいものと、

自他共に満足させる必要がある「生産」がある。





■「自称●●」と自他共に認める「人呼んで○○」の違い。


芸術家は、

自分の感覚と信念でものをつくる。



自分が良いと思うようにつくり、

他人の意見には耳も貸さない。



不確かな一人よがり。



これは「作品」というもの。



自己満足のカタマリであり

売れるか売れないかは

自分の才能を誰かが認めてくれるかどうかという

不確かなもの。



しかし、芸術家は、

自分の作品を売りたいと願い

それで生計を立てたいと思っている。






企業家は、

マーケティングとリサーチでものをつくる。



顧客満足を第一に考え、

回りの意見を聞きつくす。



作って売り出せば『売れる』という確信の産物を作る。



これは「商品」という。



市場第一主義であり、

確信犯的なアドバタイジングにより

人心誘導を仕掛け、

それが『欲しい』という欲求を蔓延させ、

一気に売り出し、市場を独占する。




シビリアンコントロールという人心掌握術。


計画的な売上こそ勝利。


利益を上げて、税金を納めるという社会貢献。




これこそが企業家の「商品開発」というものです。






情報起業家と言われている、

インターネット上で『情報』の販売を行い

多大な報酬を得ている方々も

ほぼ同じような「商品開発」をしているのはご存知でしょうか。





現在の私の本業は、

ある業種の「商品開発」をしています。



これからゆっくりと、

わたしも『情報』というカテゴリでの

「商品開発」をやっていこうとしています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。